第271話 誰かのための能力

kakuyomu.jp

アストンマーチン

『これって私たち能力者が勝手に覚えるものだと思ってるでしょ?』

 

違うの?

 

『ううん。あってる』

 

じゃあどういう意味?

 

『供給してる側のこと』

 

 供給って、ああ、つまりは開放能力オープンアビリティ開放・・している人たちのことか?

 

 『そう』

 

 みんな親切な人たちなんじゃないの?

 

 『そうね……』

 

 社さん。

 なんとなく沈んだ感じだけどなにかあった?

 

 『……ほとんどの人がもうこの世界にいない人なの』

 

 えっ!? 

 そ、それって亡くなってる人ってこと? と、というか亡くなった能力者たちのこと?

 

 『簡単にいうとそのとおり』

 

 そ、そうなんだ。

 

 『開放能力オープンアビリティって私たちのような能力者の補助をするための能力でしょ?』

 

 そうだね。

 

 『今、私たちに能力を開放してくれてる人たちは生前主に劣等能力者ダンパーと呼ばれた人たちなの』

 

 えっ!?

 だ、劣等能力者ダンパーって、れ、劣等能力者だよね? それ俺昨日はじめて九久津とエネミーに教えてもらったんだよね。

 

 『そうだったんだ。その人たちの能力って実戦には向かないの。たとえば反バベル作用なんて言語翻訳なわけだし。襲いかかってきたアヤカシを前に言葉を翻訳しても意味がない。夜目だって昼のように明るく見えても降り下りされたアヤカシの爪を避けられるわけじゃない。だからね戦闘型の能力者と劣等能力者ダンパーは分けらてきたの。やっぱり戦闘向きじゃない能力は下に見られててね……。当人たちもどこかそう思ってたみたいだし』

 

差別か。

同じ能力者なのに……。

 

『そう。こんなこといってる私だってついさっき沙田くんのこと戦闘向き・・・・の能力者っていったもの。こうやって無意識でも誰かを傷つけてるかもしれない。こっちに悪気はなくてもいわれた本人はやっぱり良い気はしないわよね』

 

 そういや俺もエネミーと人体模型をアヤカシの比較したしエネミーも昨日自分のことそんなニュアンスでいってたな。

 

 『エネミーにしてもそう思う部分はあったんじゃないかな? でもエネミーの飛翔能力がきっと役に立つときがくる』

 

 だよね!!

 校長もエネミーにそのままのエネミーで良いっていってたし。

 けど劣等能力者ダンパーの卑下か謙遜かのニュアンスが難しいんだよね。

 

 『エネミーは沙田くんの能力に憧れてたしね』

 

 そっか。

 けど俺エネミーに暗黒物質ダークマターって技の名前つけてもらったし。

 

 『やっぱりね。昨日モナリザの戦闘のあとなんか目を輝かせてたもの。でもそれってエネミー自身も自分が劣等能力者ダンパーって卑下してるわけじゃないのよね』

 

 そうだと思う。

 

 『人でも物でも比較対象できるものにならなんだってが生まれるのよ。差って四則演算でも引くのことでしょ』

 

 あっ、そうだ!!

 せきしょう

和が「足す」、差が「引く」、積が「掛ける」、商が「割る」だ。

さすがは社さん、頭いい。

 

『ありがとう』

 

あっ、いまのは俺が瞬間的に思ったのが言葉にでた。

 

『それならなおさら嬉しいけど。でも劣等能力者ダンパーって呼ばれた人も戦闘に向かなくてもアヤカシから人を守るために戦いたいと思ったんだと思うの。だからその能力者たちは自分の死後に能力を開放・・した。といっても自分でそうしたというより劣等能力者ダンパーという人の意識の集合体がそうなったのかしらね。開放能力オープンアビリティは私たちのような能力者がそれぞれに開放されている能力をインストールするようなことだから』

 

開放能力オープンアビリティの能力者たちに……そんな歴史があったんだ。

 

『これは魔障医学の分野になるんだけど。感覚的には劣等能力者ダンパーの人たちが星間エーテルにそれぞれの能力を乗せて世界に開放したものが開放能力オープンアビリティ

 

 まさに命と引き換えの能力だ。

 

 『反面能力者であるなら開放能力オープンアビリティを使えるわけ。だから悪い企みをしている能力者でも使えてしまうのよ』

 

 なるほど。

 悪用された場合は危険だね。

 二十一ミリのあの箱に能力をつめて他の能力者に託すってことか。

 

 『そう。つまりその人の個性の詰め合わせを他の能力者に分け与えるの。沙田くん原始反射って知ってる?』

 

 げんし・・・反射?

 

 『原始的な反射と書いて。原始反射』

 

 ……ってことは始めからある能力みたいなもの?

 

 『そう。幼児が特有の刺激に対して起こす反射行動で、成長する過程で消えていくもの。赤ちゃんの手に指をおくと握り返してくれたりする行動もそれよ』

 

 ああ!!

 あれもそうなんだ。

 

 『ええ、だから私は原始反射だって両親おやが”これからの人生を生きていく能力”を子のDNAに乗せて受け継がせていると思うの。まあ、単純に遺伝っていえばそれまでだけどね』

 

 子どもの将来のために能力者を遺す、か? ルーツ継承とか信託継承にも通じるね。

 けど、開放能力オープンアビリティにそんな真実があったとは。

 だったら俺も開放能力オープンアビリティを大事に使わないと。

 この虫の報せだって誰かが開放してくれてるんだから。

 

 『そう。だから考えかたによっては存命のままで開放能力オープンアビリティを供給してる人はとてつもない能力者なのよ。開放能力オープンアビリティの亜空間貸与とか、ね』

 

 亜空間貸与って、【空間掌握者ディメンション・シージャー】。

 外務省の一条さんか。

 

 『えっ!? 沙田くん空間掌握者ディメンション・シージャーが誰か知ってたの?』

 

 えっ、うん、知ってるけど。

 

 『外務省の人が空間掌握者ディメンション・シージャーなの?』

 

 そうだけど、社さんは知らなかったの?

 

 『ええ』

 

 ああ、そっか!!

 バシリスクのときに俺がたまた近衛さんと一緒にいたから一条さんのことを知ったんだった。

 でも、これって「対アヤカシ組織に属する者なら一般で知りえる情報」でCランクの情報かもしれない。

 

――――――――――――

――――――

―――